警察官 キャリア

MENU

警察官キャリア組とは?-警察官になるには.com

警察全体を管理している警察庁

日本全国には都道府県の数だけ県警がありまして、それぞれ独自に警察官の採用と人事配置を行っています。それらの県警を指揮監督しているのが警察庁でして、あの有名な警視庁でさえ管理下となっているのです。

 

警察組織の実務的な頂点にいるだけあって、各県警の重要なポジションに現場実習も兼ねて警察官を派遣しています。

 

警察庁は、日本の省庁が集中している霞が関にあり、所属している警察官は国家公務員として扱われます。つまり、各都道府県が採用している地方公務員に対して、国家機関が採用している国家公務員という違いがあるのです。

 

各都道府県が採用している警察官は、一般的にノンキャリア組として区別されています。

 

キャリア組とは何なのか?

国家試験一種に合格して、さらに警察庁に採用された警察官は、キャリア組と呼ばれています。あまり知られていないのですが、一種の合格者の中でも上位の成績でないと、警察庁に入ることは難しいのが現状です。

 

警察庁に入ったら、まず警察学校で幹部警察官としての研修を受け、いきなり警部補として勤務します。さらに、派遣された県警では、警察庁の警察官として管理する役割も果たすのが一般的です。

 

関係省庁への出向もこなしながら勤務を続け、10年後ぐらいには少なくとも警視までは出世します。それに対して、昇任試験に合格しなければ上の階級になれないノンキャリア組では、定年まで巡査部長の方も少なくありません。

 

準キャリアという選択肢もある

キャリア組は、あらゆる面で優遇されており、警察のトップである警察庁長官なども輩出しています。警察組織で上を目指したいのであれば、公務員試験に強い法学部で学び、国家試験一種の受験勉強に励んでおく必要があるのです。

 

警察庁では、国家試験二種の合格者からも採用活動を行っているので、そちらで国家公務員になる方法もあります。

 

準キャリア扱いとなるので、キャリア組ほどではないにせよ、各県警に地方公務員として採用されるより有利になります。巡査部長として警察官生活が始まり、警察庁を支える幹部候補生として大切に育てられるのです。

 

上限がありますが、昇任試験なしで上の階級になれる点は変わりません。