警察官 階級制度

MENU

警察官の階級制度

警察は階級制度による縦型社会

日本の警察は階級による縦型社会となっており、上位の階級からの命令に従うのが鉄則です。命令系統が明確である為、誰の指示に従ったらいいのかで悩むことはありません。

 

警察学校の初任総合科まで修了した時点で一人前の巡査になり、そこから昇任試験によって巡査部長、警部補、警部、警視、警視正と順になっていく流れです。制服警官の場合は、大きな階級章によって判別することができます。

 

各県警の警察官採用試験から警察官になった場合は、原則的に巡査からスタートするのですが、一部の技術職については巡査部長として採用する事例も見られます。専門知識がある即戦力の人材に来てもらい、十分に活躍してもらう為の措置です。

 

ノンキャリア組は一定の階級まで

各都道府県の警察官採用試験でなれるのは、ノンキャリア組の警察官です。現場で事件・事故を解決していく仕事が中心であり、大部分が地元出身者で占められています。

 

警察署の上級幹部となる警視以上は、各県警を管理している警察庁のキャリア組などがほぼ独占しています。ノンキャリア組で警視ぐらいまで到達する方もいますが、基本的に上位の階級はキャリア組、準キャリア組の為にあると言えるのです。

 

警視正からは国家公務員として扱われますが、この階級になるノンキャリア組はほとんどいません。

 

ノンキャリア組は一定の階級までとなっているので、上を目指したい方は警察庁の採用か、各県警の特別採用を狙いましょう。

 

民間企業と比較するとどうなのか?

民間企業の平社員に相当するのが巡査でして、巡査部長が主任、警部補が係長、警部が課長と考えられます。さらに、配属先の規模と重要度によっても扱いが上下し、中央に近くなるほど、相対的に序列が下になるのです。

 

県警の警察署の警部は課長扱いになりますが、県警本部においては課長補佐にランクダウン、中央省庁である警察庁では係長扱いとなります。

 

これは、あくまで民間企業と比較した場合の評価であって、一番下の階級の巡査だから適当に仕事をしても良いわけではありません。市民からは常に警察官として見られていますし、犯罪予防と捜査をするだけの権限と装備一式を与えられた、民間企業の平社員とは全く違う立場です。