警察官 刑事 違い

MENU

警察官と刑事の違いとは?

警察官と刑事の違い、これを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

テレビドラマなどで刑事さんのことを知っていても、やはり警察官との違いを説明できる人は居ないかもしれません。

 

ここでは、警察官と刑事の違いについて、ご説明していきます。

 

警察官と刑事の違いって何?

警察官と刑事の違いとは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

以下、詳しく見ていきたいと思います。

 

実は刑事も警察官!

警察官には様々な種類があります。

 

白バイに乗っている方も警察官ですし、スピード違反などを取り締まる方も警察官です。交番に居る方も警察官です。

 

そして、警察官の中でも、刑事事件を担当する警察官が刑事なのです。

 

主に、犯罪の捜査、逮捕などを行う刑事課に属している警察官のことを、刑事と呼びます。

 

機動捜査隊や捜査○○課などの方も、刑事と呼ばれることが多くなります。

 

服装の違い

警察官は淡い青色のような制服を着ているイメージがあると思います。

 

ですが、刑事と聞くと、ドラマなどではロングコートを着ていたり、スーツや私服で行動している方が多く、制服を着ているイメージはありません。

 

犯罪の捜査や逮捕などを行う際、警察だとばれてしまってはスムーズに仕事をこなせない場合があります。

 

尾行や張り込みなど、そのような仕事を行う際に、堂々と制服を着ていては、自分が警察だとアピールしているようなものです。

 

そのため、刑事と呼ばれる警察官は、一般的に知られている警察官の制服ではなく、私服やスーツで行動するようになっています。

 

刑事はエリート?!

刑事と呼ばれる方たちは、エリートだというイメージがあるかもしれません。

 

なんとなく偉そう、怖そうなどという印象を持っている人も多く居ます。

 

ですが、刑事はエリートというわけではありません。

 

初めは他の警察官と同様に、警察学校を出て、交番勤務などを重ねてきた方々です。

 

そこで、犯人検挙や警察官としての行動などから判断され、刑事課に異動となることがほとんどです。

 

そのため、エリートという表現が当てはまるわけではありません。

 

初めは皆同じ交番や警察署での警察官として働いているのです。