警察官 やりがい

MENU

警察官のやりがいはどんなこと?

警察官でしかできない仕事ができる

日本の安全を守っている警察官には、円滑な職務執行の為に、法律によって様々な権利が認められています。身分証明ができる警察手帳と制服のおかげで、市民から任意の協力を得られますし、場合によっては警棒などの装備を使用できるのです。

 

個人による見回りには限度がある上に、異常を発見したとしても、勝手に他人の家に入るわけにはいきません。それに、生活費を稼ぐ必要があるから、定期的に見回りをすることは難しいでしょう。

 

警察は、定期的なパトロールから事件・事故の捜査に至るまで、常に組織的に対応しています。民間企業では見られない特殊な部署も多く、警察官でしかできない仕事ができるのが大きなやりがいです。

 

社会秩序を守る為に日々頑張れる

社会では様々な事件・事故が発生しており、警察官は被害者を増やさない為に予防活動もしています。パトカーによる警ら活動では、交通事故につながりそうな車両がないか、明らかに挙動不審な人物がいないかに目を光らせているのです。

 

交番勤務の警察官も日常業務として警ら活動を行っているので、その都道府県全体をカバーしています。

 

警察には、これまで蓄積してきた膨大なデータがあるので、被害者を増やさない為の防犯講習や安全指導においても群を抜いています。各町内会の会合においても、最新情報を反映させた防犯対策の広報活動を行っているのです。

 

地域住民との連携は、犯罪発生時の捜査にも大きな効果を発揮します。

 

市民を悩ませる事件・事故を解決できる

交通事故では、双方から事情聴取を行い、現場検証によっても事実関係を明らかにします。車社会となっている日本では、交通違反に対して厳格な姿勢で臨む必要があり、交通部などが取締りを行っているのです。安全運転の啓蒙にも努めており、一定の成果を上げています。

 

事件においては、被害者を増やさない為にも、犯人逮捕まで迅速な捜査を行っています。刑事部では、それぞれ担当案件が決まっているので、スムーズに必要な資料を取り寄せ、関係者から事情聴取できるのが特徴です。

 

市民を悩ませる事件・事故を解決できるのが警察官のやりがいでして、部署によって役割は違えども、与えられた職務を執行することで社会貢献できます。