警察官になるには 費用

MENU

警察官になるには|一般的に費用はどれくらいかかる?

警察官として働きたいという夢がある方は多く、テレビなどで特番が組まれたりすることもあって、とても人気のある職業となっています。

 

この警察官になるためには、一般的にはどのくらいの費用がかかるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、警察官になるために一般的に必要となる費用について、見ていきたいと思います。

 

警察官になるために必要となる費用はどのくらいなの?

警察官になるためには、高校を卒業するか、大学や短大などを卒業する必要があります。

 

これは、公務員試験を受験しなくてはならないという理由があるからです。

 

警察官になるための採用試験は、高卒・短大卒・大卒の3つの分類があり、それぞれ?類・?類・?類という区分があります。

 

高卒の場合には、必要となる費用はそれまでにかかる学費程度ということになります。

 

警察官の採用試験対策の講座などを受講するとなれば、5万円〜10万円程度の受講料が必要となります。

 

短大を卒業し、採用試験を受験する場合には、短大で必要となる学費などを考え、200万円以上が必要になると言えます。

 

もちろん、試験の対策講座などを受講すれば、上記のように5万円〜10万円程度の費用がかかってきます。

 

そして、大卒の場合、大学の学費が必要となりますので、大体4年間で400万円以上と見ておくのがいいかと思います。

 

ここに、対策講座の費用などを含めて考えておくといいでしょう。

 

警察官になるために必要な費用は、最終学歴によって異なると言えます。

 

どのような道を通って警察官になりたいのかという点で、人によって必要な費用は異なります。

 

実際に警察官として働く事になれば、高卒の警察官と大卒の警察官では初任給の違いなどがありますが、高卒警察官の方が、早く現場に出て働けるという点から、高卒で警察官を目指す方も多くなっています。