警察官 給料 年収

MENU

警察官の給料・年収はどれくらい?

警察官は公安職の給与体系となる

警察官は、身を挺して社会秩序を守る存在である為、他の地方公務員とは別扱いになっています。危険を考慮された公安職の給与体系となっており、一般行政職に比べて初任給が高めに設定されているのです。

 

警察官の初任給は、大卒程度のA区分で19万円ぐらいです。ただし、原則的に年齢に応じた初任給となるので、初任給25万円ぐらいになる方もいます。

 

年収400万円以上の方も多く、真面目に勤務していれば給料の金額的にも報われる仕事と言えるのです。社会的な信用が高いから、ローンの審査において困ることはあまり見られません。

 

警察学校の時点から給与が支給されるので、家族を養いながら転職することも可能です。

 

階級と拝命からの勤続年数で決まる

警察は階級によって上下関係が決められており、上位の階級になるほど高額の給与が支給されます。もっとも、上の立場になるほど責任が重くなるので、階級に見合った能力と経験が必要不可欠となります。

 

具体的には、一定の条件を満たすと受けられる昇任試験に合格すると、巡査から巡査部長、あるいはそれ以上へと昇任できるのです。ちなみに、拝命からの勤続年数によっても昇給する為、同じ階級であれば勤続年数が長い方が有利になります。

 

勤務評価によって昇任、昇給するケースもあるので、一般行政職に比べてチャンスが多い職場です。初任給が高めであることに慢心せず、早めに昇任試験も意識していくことをお勧めします。

各都道府県によっても差が出ている

地方公務員の大きなメリットの1つが、勤務内容に応じた各種手当の支給です。民間企業では、どのような部署であっても等級に応じた給与だけである反面、地方公務員には手厚い手当があります。

 

民間企業でも通勤手当等がありますが、業績が厳しくなってきた昨今では経費削減の対象となっています。いっぽう、警察では、特殊技能を用いた職務執行、夜間緊急招集への手当などが充実しており、民間企業のボーナスに相当する勤続手当も支給されているのです。

 

各都道府県で手当の種類に差があるので、志望先の選定の段階でもしっかり情報収集をしておきましょう。長期的に勤務するとなると、この手当の金額は大きな要素となります。