警察官とは

MENU

警察官とは?

警察官と聞くと、様々な姿をイメージされる方が多いと思います。

 

交番で働いている警察、テレビなどで見るような大きな警察署内で犯罪を取り締まっている警察、駐車違反を取り締まる警察など、一言で警察と言っても様々な警察官が居ます。

 

ここでは、警察官とはどのような人の事を指すのか、ご紹介していきます。

 

警察官とは?

警察官とは、市民の生活の安全や命、財産などを守るべく活動する公務員です。

 

テレビなどで特番が組まれることも多く、警察官に興味があるという方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、テレビ番組というのは、全て事実を伝えているというわけではありませんので、どの情報が正しいのかという点を自分で見極める必要があります。

 

日本の警察官は、大きく分けると「警視庁」と「都道府県警察」に分類されています。

 

警視庁は、国に関する公安、警察全体の調整などを行い、国家公務員試験に合格した方の中から採用されることになっています。

 

都道府県警察は、各都道府県が管理している警察となっており、その地域内で起きた事件などに対応していきます。

 

都道府県警察には、いくつかの部門が設けられています。

 

○地域警察部門…交番で働いている警察官や、パトロール、職務質問などを行う警察官
○生活安全部門…少年の非行、防犯活動、ストーカーなどに対応する警察官
○刑事警察部門…薬物、詐欺、強盗などの事件に対応し、逮捕や取調べを行う警察官
○交通部門…白バイの警察官や、交通安全指導、暴走族対策などを行う警察官
○警備部門…テロの予防や、駅、国会、イベント会場などの警備を行う警察官
○総務、刑務部門…警察官が働くために、会計や福利厚生といったような環境を整備する

 

というように、同じ都道府県警察でもいくつかの部門に分けられているということです。

 

白バイの警察官や交番の警察官など、見かけることが多い警察官は、それぞれ分類されている部門に所属しているのです。

 

この部門の中にも、さらに課があり、それぞれの役割が決められています。

 

昔は警察官といえば男性のみだったのですが、最近では女性の警察官も増えており、パトロールの警察官の中にも女性が見られます。

 

外国の女性警察官とは違い、日本の女性警察官は厳しい制度のもとで働いているそうです。