警察官 ルート

MENU

警察官になるための一般的なルートとは?

警察官というのは、今も昔も、とても人気のある職業となっています。

 

その一方、警察官の犯罪なども報道されることが多く、警察官に対してのイメージというのは人それぞれでもあります。

 

そんな警察官になるためには、どのようなルートがあるのでしょうか。

 

ここでは、警察官になるための一般的なルートについてご紹介していきます。

 

警察官になるための一般的なルートとは?

警察官になるためのルートというのは、実はいくつか存在しています。

 

ですが、ここでは一般的なルートをご紹介していこうと思います。

 

「高校を卒業後、短大や大学へ進学し、警察官採用試験を受験、合格すれば警察学校に入学できる」

 

警察官になるためのルートとしては、上記ルートが一般的だとされています。

 

警察官は公務員となりますので、高卒であっても大卒であっても、警察官の採用試験を受験する必要があります。

 

各自治体で行われ、採用試験は一般的な公務員試験とは異なっているものです。

 

警察官の採用に関しては、警察庁・皇宮警察本部・都道府県警察という分類がなされており、警察庁の場合には国家公務員として働く事になります。

 

この警察庁に採用されるとなれば、いわゆるキャリア組(キャリア・準キャリア)としての採用となります。

 

都道府県警察の場合には、そのようなキャリアではなく、市民の身近な警察官としての採用となります。私たちにとっては一番よく知る存在かもしれません。

 

大卒であっても高卒であっても、採用試験は必ず受けなくてはなりません。

 

都道府県警察になりたい場合、以下のような区分で試験を受験することになります。

 

○大卒の方…T類採用試験
○短大卒の方…U類採用試験
○高卒の方…V類採用試験

 

このような区分がなされており、学歴ではなく学力にて採用が決まる事になります。

 

そのため、警察官になりたいという場合、大卒の方が有利というようなことは無いのです。

 

上記のようなルートを通る際には、警察官になるために必要となることとして、受験資格に身長制限などが設けられていることがあります。

 

その身長に満たなければ採用は不可能というわけではありませんが、一つの基準として設けられているものですので、確認しておくことをおすすめします。