警察官になるには 最短

MENU

最短で警察官になるには?

最短で各県警の警察官になる方法

各県警の警察官は、高卒程度のB区分としての採用もあるので、高校在学中から試験対策を始めておけば、高校卒業とほぼ同時に警察学校に入れます。

 

警察官採用試験の一次試験は、専門学校のカリキュラムをこなすだけで合格水準に達せられます。そして、まだ若いことから体力測定においても有利であり、安定した地方公務員になりたい方にとってはチャレンジしてみるだけの価値がある選択肢です。

 

高校を卒業した方であっても試験対策がしやすく、通信教育などで集中的に勉強すれば、6ヵ月間程度で試験範囲をカバーできます。将来の保障がないフリーターであることに不安を感じて、働きながら受験する方も多く見られます。

 

最短で上の階級の警察官になる方法

警察官は階級による縦型社会となっているから、できるだけ上の階級になっておく方が望ましいです。けれど、大卒程度のA区分採用であっても、初任給などで多少優遇されるぐらいにとどまっています。

 

上の階級の警察官に最短でなる方法は、警察庁の直接採用に応募することです。大学4年間かけて受験対策をして、難易度の高い国家試験一種か二種に合格することで、警察庁の警察官になれる可能性ができます。

 

キャリア組と準キャリア組については、基本的に昇任試験なしで出世していくから、結果的に上の階級の警察官に最短でなれるのです。

 

将来的な昇任が約束されている大きなメリットがあるので、多くの志望者が集まっています。

 

専門技能を活かせる警察官になる方法

高度な専門職で活躍している方にとっては、警察学校の長い研修からやり直すのは大変です。警察では、従来の警察官にはない専門技能を持っている方を幹部警察官として採用することもあるので、専門職の職歴があるのならば応募してみましょう。

 

警視庁の特別捜査官だけではなく、他の県警でも専門捜査官の募集が出されています。

 

不定期に募集されるので、自分の住所に近い県警のホームページを確認しておくことをお勧めします。通常の警察官採用試験とは採用基準が異なりますが、教養試験などの共通部分については専門学校の教材で対策可能です。

 

幹部警察官として採用されれば、短期間の研修後にすぐ専門職として活躍できます。