警察官 資格

MENU

警察官に関連する資格はどんなものがある?

試験前であっても取得可能な資格

警察官は、効率良くパトロールや追跡を行う為に、パトカーやバイクを用いることが多いです。そのため、普通自動車免許と自動二輪免許が必須であり、遅くとも警察学校の入学前には取得しておく必要があります。

 

パトカーにはマニュアル車もあるので、オートマ限定を選ばないように注意しましょう。各県警の説明会に参加すると色々分かりますが、いずれにせよ必要となる資格なので、早めに自動車学校に申し込むべきです。

 

柔道・剣道の段位については、警察学校の術科として教育されるので、慌てて道場や部活に入らなくても大丈夫です。なお、警察官採用試験の一次試験では、有段者であることが加点対象になるケースもあります。

 

職務執行において必要となる資格

部署によっては、大型車両の運転、会計書類の確認、水中での捜索活動、日常生活以上の異文化コミュニケーションなどのスキルも求められます。職務執行において必要となる資格については、警察学校の研修などで取得できますが、個人的なスキルアップも奨励されているのです。

 

すぐに役立つ資格は、やはり外国人対応が可能になる語学関係です。コミュニケーションが取れないと職務執行にも支障が出てしまうので、よく使用する言語は個人的に勉強すると良いでしょう。

 

連絡用の警察無線ですが、こちらについては警察学校で無線免許を取得します。日本では、法律によって免許制となっており、警察官の研修で有資格者となるのです。

 

警察内部で認定している資格

警察には色々な部署と担当があり、最大のパフォーマンスを発揮する為に適材適所を心がけています。その関係上、警察内部だけで認定されている独自の資格も多く、希望する部署へ配属される為には、そういった資格試験にも合格しなければいけません。

 

警察官として必要な技能である、基礎体力、けん銃射撃、逮捕術については、検定試験によって習熟度のランク付けがなされています。

 

白バイ、鑑識といった専門技能によって職務執行をする職種になりたい場合は、警察内部の資格受験も行っていくことになるのです。本人の希望と人員不足のすり合わせを行う為に、どのような適性と能力がある警察官なのかを内部資格の有無でも照合しています。