警察官 専門学校 スクール

MENU

専門学校やスクールに通い警察官を目指す

公務員試験対策のノウハウが豊富!

地方公務員試験では、筆記試験において教養問題が幅広く出題されます。試験によって難易度と傾向が違うので、自分がなりたい職業ではどういった試験対策が必要なのかを確認することが第一歩です。

 

専門学校やスクールには、これまで培ってきた公務員試験対策のノウハウが豊富です。さらに、すでに卒業して公務員になった先輩からの情報などもあるので、最新の試験対策を受けられます。

 

予めスケジュールが決められているから、講義に出席するだけで最適な順番で試験対策が完了する点も魅力的です。合格点を取ることが目的である以上、1つの科目だけではなく、全科目の中から狙われやすい部分だけ押さえておきましょう。

 

警察官を目指す仲間が大勢いる

専門学校に通学する最大のメリットは、講師や同じ警察官を目指す仲間がいることです。半年間ぐらいで試験範囲の勉強が終わるとはいえ、独学では1人でそれだけの期間モチベーションを維持しなければいけません。

 

専門学校の警察官コースであれば、自分の悩み、現状での勉強方法の改善といった点まで相談できます。講義だけ受けるコースでは友人を作りにくいかもしれませんが、一緒に講義を受けるだけでも、緊張感があって集中できるのです。

 

在学中に仲良くなった受験生ができたら、警察官採用試験に合格してから横のつながりとなることもあります。全日制のように高校生活に近い場合は、より親密な付き合いとなるでしょう。

 

日本全国の試験情報を閲覧できる

独自のネットワークを持っている専門学校の情報量は桁外れであり、渡される教材レベルで分析情報が盛り込まれています。どの県警を組み合わせると最も有利になるのかが分かりやすく、ムダのない受験にできるのです。

 

専門学校によっては、警視庁専願コースのような、特定の県警向けのカリキュラムも完備しています。

 

日本全国から入手している試験情報は、独学ではまず閲覧できないものばかりです。各県警の採用担当に直接聞いても、教えてくれるのはホームページ上の情報程度で、他の志願者に差をつけられるほどではありません。

 

次の警察官採用試験に向けたオリジナル教材と、最新情報が反映された講義は、何よりの心強い味方です。